従量課金によって普及したクラウド

従量課金によって普及したクラウド

クラウドはここ数年で非常に大きな進歩を見せてきました。多くの企業が利用するようになってきたといえるでしょう。すでにクラウドに完全移行した企業もあると思います。また、個人でもクラウドの利用は普及してきています。例えば、メールなどはクラウドの代表的なものだと言えるでしょう。ウェブメールを利用している人は多いと思います。スマートフォンやタブレット端末では、クラウドに存在するウェブメールを利用する事も多いと思います。あるいは、ストレージデバイスとしてもクラウドは活用されているでしょう。クラウド上にデータを保存しておく事によって、どこからでもアクセスできるというメリットがあります。また、ローカルに保存をするよりも、クラウド上に保存したほうが安全であると言えるでしょう。そのために、クラウドでの利用が非常に進んでいると考えられるのです。
このように、クラウドには色々なメリットがあるのですが、普及した要因の一つとしては、やはりコストの問題があるでしょう。自社でサーバを設置して維持管理をするよりも、クラウドを利用したほうがコストを低く抑える事ができるのです。というのも、クラウドの利用料金は従量課金である場合が多いからです。従量課金と言うのは、つまりリソースを使っただけの料金を支払うということです。ネットワークを利用する場合には、その転送量によって料金が決まります。ですから、アクセスが多ければそれだけ料金が高くなるのです。また、ストレージデバイスについても、容量によって料金が異なります。平均的に利用した容量が大きければ、それだけ料金が高くなるのです。このように、利用しただけの料金を支払えば良いということですから、自社でサーバを設置して管理をするよりも無駄がなく、そのためにコストを抑える事ができるのです。また、事業を拡大するときや縮小するときには、追加の費用もかかりませんし、固定費もかからないというメリットもあるのです。

話題のこのネタ、以下のWEBサイトがお勧め

Copyright (C)2014従量課金によって普及したクラウド.All rights reserved.